使い込むほどに納得するココマイスターの「ブライドル・グランドウォレット」

ココマイスターは高度な縫製技術と最上級品質の皮革を用いて製品を製造する、日本の皮革製品メーカーです。
メンズ、レディース用の財布が代表的な製品ですが、それ以外にもバッグや名刺入れなども手掛けています。
ひとつひとつの製品が熟練した職人による手作りです。また、製造は日本で行われているため安心です。

このメーカーが製造するジッパー使いの長財布が「ブライドル・グランドウォレット」です。
表面に使用されている革は、イギリスで1000年以上前から続く伝統的な製法で作られた「ブライドルレザー」が使用されており、時間がたつ程に美しく変化します。
使い込むほどに手に馴染み、いい味を出してきて愛着が湧いてきます。

内側に使用されている革は、国産のヌメ革を使用しています。薄くしなやかでありながらも、しっかりとした強度があるため、幾多のカードの出し入れにも十分耐え抜きます。そればかりか淡い色で仕上げられているため、使い込むほどに色が変化していき、こちらもいい味を出してきます。

フロントのジッパーを開けると、お札入れ、小銭入れ、カードホルダーがあり機能面においてもまったく問題ありません。

仕上がりが美しいため使うのがもったいない気がしますが、使い込むことでより自分のものになってくる感覚を味わうことができます。

竹中明日人でした。

ココマイスターのクリスペルカーフの魅力について

おはようございます、竹中明日人です!

ココマイスターのクリスペルカーフの商品は、その皮の美しさが最大限引き出されたものでとても人気があります。

クリスペルカーフとは、生後3~6か月の子牛の皮であり、牛皮の中でも最高品質でキメが細かく柔軟であることが特徴です。質感はさらっとしていて、ハリがあります。そして、水シボと言われる波状の細かい凸凹があります。

これが美しい陰影となり、繊細で気品のある印象を与えるのです。そして、この水シボが傷を付きにくくする役割を担っています。クリスペルカーフの最大の魅力は豪華な風貌で、その高級感と安定感から財布やバックの価値を大きく上げます。また、使えば使うほど、年数が経てば経つほど魅力が増していくことも大きな特徴です。

使っていくうちにその皮は、しっとりと柔らかくなり、光沢が増していくという経年変化が楽しめるのです。もともとたっぷりとオイルが含まれているので、お手入れが必要ではありません。手の油などでオイルが自然に補われていくので、むしろ使っていくことが最高のメンテナンスということになるのです。

このようにココマイスターのクリスペルカーフは魅力がたっぷりあるものです。それを使った製品は、持つ人の価値までも上げてくれるといっても過言ではありません。